Voyage

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 中二病でも恋がしたい! 最終回TOPアニメ ≫ 中二病でも恋がしたい! 最終回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

中二病でも恋がしたい! 最終回

20121221a.jpg
中二病
中学二年生頃の思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を揶揄した俗語である。
wikipedia[中二病]より引用

wikipediaにある通り伊集院光の深夜ラジオが発端。
当時聞いていたことは聞いていたけど、中二病という言葉までは覚えていなかった。
今は上の引用の他、ラノベにありがちな「ファンタジー要素を本気で信じる」系の意味が込められている。
込められてるような気がする。
言葉なんて生きてるものだから、本来の意味が変わることなんて稀によくある。

このアニメの”中二病”も当然の如く「ファンタジー要素を本気で信じる」系の意味で使われていて
「邪王心眼」「不可視境界線」などという意味不明な言葉がさんざん出てくる。
というか「竜破斬」とか出てくる。

初めは中二病で痛々しいキャラと"元"痛々しいキャラがワイワイするアニメだったけど段々シリアスに。
最終回でシリアスシーンはだいたいまるく収まったかな!
タイトルの「中二病」もシリアスシーンにちゃんと関わってたしね。
最初から見ると違った見方が出来そうな作品。
そういうのはだいたい良い作品だと思う。
1クールなのがちょっと寂しいZE☆
20121221f.jpg
ネタバレ回避を考慮した結果、このシーンしか選べなかったZE☆

京アニならではの良いアニメーションは見てるだけでも楽しいね!
特に戦闘シーンは下手な戦闘ものより迫力があるw
以下は3話より。
20121221b.jpg
六花 vs 凸守
何やら怪しい雰囲気が…!

20121221c.jpg
…。

20121221d.jpg
何というエフェクト。
二人が衝突する瞬間、それは世界変革の時…!

20121221e.jpg
どう見ても中二病どうしの日常です。本当にありがとうございました。

こんな感じで文字だけではなかなかうまく表現できない部分も
非常にわかりやすく、そして面白く表現できてて良かったなぁ~。
そのせいかシリアスシーンいらないから、こっちをもっとやれという声も…。


そんな事言うやつは…


闇の炎に抱かれて消えろ!(決まった…)

関連リンク
TVアニメ『中二病でも恋がしたい!』公式サイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。