Voyage

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 2012年アニメ 1~3月TOPアニメ ≫ 2012年アニメ 1~3月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2012年アニメ 1~3月

今年を振り返るイベントとして、1クールごとに振り返ってみるという試み。
主にアニメのことしか振り返らないw

初回となる今回では、2012年1月から3月について振り返る。

2011年12月23日に見事に単独事故を起こしたおかげで、げんなり状態で新年を迎えたw
時事ネタとしては、2月にスカイツリーが完成したようだ。
作った意味あったのか?
このスカイツリーには来年1月に行く予定だが、予定は予定でしかない。

そんな俺的環境がイマイチだった第一四半期のアニメのうち、見ていたものはコチラ。

・偽物語
・ブラック★ロックシューター
・あの夏で待ってる
・輪廻のラグランジェ
・パパのいうことを聞きなさい!
・妖狐×僕SS
・男子高校生の日常
・探偵オペラミルキィホームズ 第2幕
・アクエリオンEVOL

こうしてみると思ったより少ないな。
この中からベスト3くらい(それらについて順位はつけない)をテキトーにチョイスして
語るだけの1年振り返りイベントだZE☆
ネタバレとか気にせず書くので、やっぱり続きの方に書く。

20121227b.jpg
FF11の課金を辞めた後、やたらアニメを見るきっかけになったのは「化物語」だったような気がする。
化物語は非常に面白い。
言葉遊びが面白い。
人の夢と書いて「儚い」
人が為すと書いて「偽」
ってな感じで文字の持つ意味がこの作品ではやたら強烈に描かれてる。
どちらかと言えば文庫で見るべきなんだけど、アニメでもわかりやすく描かれてる。

偽物語のメインは前作化物語で予告くらいしか出番が無かった主人公の妹2人なため
ガハラさんがあまり前面に出てこない。
アロハ忍野も出てこない。
独特の雰囲気なキャラがあまり出てこなくなったせい+エロ強化でなんかこれじゃない感があったな。
まぁそれでも面白かったけど!
○物語シリーズは全てアニメ化するらしーので、今後も期待できる!
なお2つ目のOP「白金ディスコ」がIKZOと非常に親和性が高い。
高すぎて寧ろノーマル版が物足りなくなってくるのは俺だけじゃないハズw


参考リンク
偽物語 公式サイト
化物語 - 西尾維新アニメプロジェクト


20121227c.jpg
柑奈ちゃんマジ天使。
絵の感じが「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」にソックリだったせいか
「あの花」をもじって「あの夏」と呼ぶ人が多かったような気がするけど
公式的には「夏待ち」らしい。なんでや!
(webラジオでもこの辺は少し話に出てた。)

SF青春アニメ。
「おねがいシリーズ」を知らない人にとってはSF要素は全く要らなかっただろうけど
知ってる人にとっては、このSF要素は「最優先事項よ」。
作中の予告で「最優先事項」は出てきてしまうのだけど
最初に宇宙からヒロインが来るのと、あの謎の生き物で殆どバレてたがな!

基本的にみんないい人なので、見ていて気分良い。
そんな夏があるなら俺も待っていたい><
柑奈もいい人だったんだけど、もうね、負けフラグしか立ってなくて不憫すぎた。
20121227d.jpg
酔ったところを檸檬に撮られていたの図。
この時点でもうピエロな役回りしか残ってなかった気がするよ俺は…w

このアニメの曲はOP、EDともに良い。プレイリストから外せない。
風景も良い。
夏と田舎を足すと最強に見える。落ち着く。
最終回も実に良かった。
最後まで柑奈は不憫だったがな…;;

参考リンク
「あの夏で待ってる」公式ホームページ


20121227a.jpg
ぶっちゃけ最初は全く期待してなかった。タイトル的に。

ひょんなことから親不在になり(まるで都合よく親が外国に行くパターン)
兄妹が頑張るという作品。
大学生1人で中学生1名、小学生1名、幼女1名を養うなど不可能と言っていいが
それでも頑張ろうとする姿は、無謀ながらも健気に見えるのは俺が男だからだろうか。
頑張らないといけない時は、もう頑張るしかないんだよなぁ。

舞台が実家から結構近い場所にあり、背景見て「ああ、あそこかw」と少し楽しめる。
モノレールとか懐かしかったぜ全く。もう10年くらい乗ってないな。
パパのいうことを聞きなさい!5話舞台探訪後編(武蔵村山市・日野市・多摩市・八王子市)
このサイト様が非常にわかりやすく比較してくれている。
うーん、懐かしい。
どちらかと言えば、生まれ故郷である府中に近いなぁ。

展開は基本的にラッキースケベと「おいたん!ひなだお!」ばっかりだけど
割と現実的な話も出てくる。
原作者が1児の父ということが、作品の一部となっているのだろう。
世話が大変そうですな。

「ハッピハッピガーwwwww」「おいたん!ひなだお!」の中毒性が色々とヤバい。
特に「おいたん!ひなだお!」は後の「這い寄れ!ニャル子さん」でも出没。
主人公の友達の声が殆ど「おいたん」そのものだったというだけなのにw
SAOのシリカ回でも「おいたん!ピナだお!」などと、どうでもいいところで浸食してるレベル。
そろそろいい加減にしておけ><

一番ヤバいのは本作のヒロインの”中の人”。
主にロシア(旧ソビエト連邦の方)が好きらしく、ラジオの挨拶がロシア語である。
わかるかよ!
主なスペック
・ロシア(ソ連)が好き(代わりにアメリカが嫌い)
・80~90年代POPが好き
・東方を知り、JOJOが好き(フィギュアを集めるほど)
・絵が独特で少し怖い
・心に闇を持つ
・普段着がロリータ服
・家にサウナや地下があるほどのお嬢様

改めて書くとスペックsugeeeeeeeee
このアニメが無かったら今でも知らなかったかもしれない。
この人は独特ながら普通に面白くていい人なので、ラジオの方もオススメかもしれない。
煽り抜きで面白い。
なおラジオ中に流れる曲はさっぱりわからんw

心の闇については、後に放送される「アクセルワールド」のヒロイン役の人と関わりを持つことになる…。
ハラショー

参考リンク
StarChild:パパのいうことを聞きなさい!
上坂すみれオフィシャルブログ「すみれの黙示録」

ひとまず第一四半期はこれでおしまい。
軽い気持ちで始めた1年を振り返るシリーズ、内容の割にかなり時間を使うなこれw

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。