Voyage

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「Google 日本語入力」で高さ調整などが可能にTOPDiary ≫ 「Google 日本語入力」で高さ調整などが可能に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「Google 日本語入力」で高さ調整などが可能に

PCで「Google 日本語入力」が出た時に初めてIMEを意識。
変換候補が優秀になると、入力がずっと楽になり、そして速くなる。
今ではMicrosoftのIMEでも搭載されている、TABキーによる変換候補選択も当時の俺には画期的だった。
(別のPCで文字変換の際にに間違えてTABキーを押すことも増えたがな!)

また固有名詞にも強く、例えば「とうほうようようむ」が「東方妖々夢」にスマートに変換される。
この変換候補はネットで使われる単語を利用しているので、こういう変換に強いというわけだ。
こういったブログの入力では割りと固有名詞が出てくるので、
辞書に新たに追加することなくさくっと変換できるのはなかなか素敵だ。

これのAndroid版もあるが、キーボードの高さが足りなくて誤爆しやすく少し使いづらかった。
が、今回のアップデートで高さ調節できるようになり一気に改善!

変更点
・配色を変更する機能を追加しました。
・記号画面とキーボード折り畳みボタンのデザインを変更しました。
・設定画面の構成を変更しました。
・QWERTY 配列にカーソルの右移動キーと左移動キーを配置しました。
キーボードの高さを調節できるようにしました
・画面の幅が一定以上に大きい端末において、キーボードを左右どちらかに寄せて表示する機能を追加しました。
・入力補正機能を追加しました。
・自動部分確定機能を追加しました。
・Unicode絵文字を変換候補に追加しました(Android 4.1以降のみ)。
・キャリア絵文字を変換候補に追加しました。
・自動かな修飾変換の有効/無効を、設定画面で切り替えられるようにしました。
マッシュルームに対応しました
・バイブレーションの長さと操作音の大きさを設定できるようにしました。
・ハードウェアキーボードにおける修飾キーの扱いを改善しました。
・Android 4.2 以降のマルチユーザ機能を有効にしていたときに、管理者以外のユーザでユーザ辞書の編集や学習結果の保存ができなかった問題を修正しました。

今回の大きなポイントは高さ調節とマッシュルーム対応。

高さ調節
設定 > 言語と入力 > Google日本語入力Beta > ソフトウェアキーボードの詳細設定
から変更できる。
20130308b.jpg
縦持ちと横持ちで別々に設定できる。
アップデート前の高さは70。最大130まで変えられる。
自分は110くらいにしました。

マッシュルームの起動
IMEのアドオンと言っていいような気がするマッシュルーム。
変換キー長押しから起動できる。
20130308c.jpg
これで拡張性も大幅アップ。

またタブレット端末などで左右のどちらかに寄せることで片手持ちでの入力をしやすくする機能も。
20130308d.jpg
片手故にフリック入力限定の幅になる。変換候補枠も片手専用になる。
これも縦持ちと横持ちで別々に設定できる。

無料なのでぜひお試しあれ。

参考リンク
Google日本語入力Beta (Android用)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。